• 地引 由美 Yumi JIBIKI

プリンスホテルのイタリアフェア「Buono! Buono! ITALIA Fair 2022」

 首都圏10のプリンスホテルで開催中のイタリアフェア「Buono! Buono! ITALIA Fair 2022」。今年で5回目となるそうです。下の画像は華やかなレセプションの様子。



 夏時間に変わる頃には行きたいと思っていたのに、また遠ざかってしまった欧州への旅を思いつつ、気持ちだけでも「マンジャーレ(食べて)!カンターレ(歌って)!アマーレ(愛して)!」と明るく過ごそうではないですか。



 TODOリストが一つ終わった御褒美ランチに ザ・プリンス パークタワー東京へ。いつも気持ちの良いスタッフがいらっしゃるロビーラウンジで、ウニとリコッタのピザ サラダ添えを、白ワイン クティッツィ / フェウディ ディ サン グレゴリオと合わせて頂きました。このワインの潮風や貝殻を思わせるような香りがピザによく合い、味わいを高めてくれます。  ホテル内の食のブランドショップ、THE SHOP at the Park にはスイーツで作られたヴェネツィアのゴンドラ乗りが。ステキ!

 日をあらためて、今度は東京プリンスホテルへ。3月8日の「国際女性デー」はイタリアでは『ミモザの日』と呼ばれ、街が鮮やかな黄色で彩られるそうです。和食 清水 でミモザイエロー華やぐメニューを頂いてきました。お席はほぼ満席です。毎回行われる丁寧な消毒は安全・安心を証明するホテルのエンゲージメント。


 こちらのイタリアフェアのスペシャルメニューは Shimizu Komachi 〜きいろ花~ 。  海老の黄身衣揚げも目に鮮やかな前菜から。


 旨味に満ちた鯛の薄造り。サラダ仕立てにしてあります。


 焼き物は鰆の蕗味噌焼き。ほろ苦さとグリーン香も、今の季節ならではの贅沢。じっくりと噛み締めつつ、香りを喉の奥に通して楽しみます。



 煮物の百合根饅頭は卵黄ソースを纏っています。


 お食事は穴子のチラシでした。ほんの少し、繊細にあしらわれている黄色の田麩がミモザのおしべの様です。


 そして締めくくりは和三盆のケーキ、黒蜜の白玉、イチゴなどの盛り合わせででした。  ミニ会席とはいえ、味わい豊かで大満足です。それぞれのお皿から目に飛び込んでくる黄色が暖かく愉快な気持ちにさせてくれます。このコースにはお肉料理がないのですが、最近は男性でもお魚を好まれる方が多いので、これは嬉しいですね。  プリンスホテルのイタリアフェア「Buono! Buono! ITALIA Fair 2022」は、3月31日(木)まで、首都圏10のプリンスホテルで開催されています。 インフォメーションは公式サイトからどうぞ。 https://www.princehotels.co.jp/tokyocityarea/italian_fair/2022/

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示