• 地引 由美 Yumi JIBIKI

セリーヌのオートパフューマリーブティックにて

最終更新: 1月5日

 パリ滞在の最終日、11月20日。夕方のフライトの前にギリギリで飛び込めたのがセリーヌが新しく開店した香水のブティック。サントノレ通りとカンボン通りが交わる、ノートルダム ドゥ ラソンプシオン教会の近くです。



 黒く塗られた窓枠に囲まれた透明度の高い高品質のガラスの扉に、ゴールドに輝くロゴ。店内の壁は白い斑入りのアンティークの黒い大理石。先祖伝来のアイテムを大切にしつつ、近代的によく手入れされた貴族の館、といった雰囲気の内装です。そして壁に効果的に使われている鏡を見ると、バスルームの趣を感じます。



 にこやかに女性の店員が迎えてくれました。香りを試してみたいの、と伝えると、ご来店有り難うございます。まずは何かお飲みものなどいかがですか?と。あぁ、嬉しい。ゆっくりと寛いで香りを試させてくださる…でも午後には出発。とても残念だけれどあまり時間が無いのです、とお伝えすると、それでも精一杯丁寧に、ブランドのコンセプトや香りのテーマを説明してくださいました。



 ムエットを頂いてひと嗅ぎして驚いたのは、全9種類、どれもトップノートがソフトに香ります。それがフレッシュさがテーマのコロンタイプの香りであっても、品よく柔らかな香り立ち。それぞれの香りの舞台は全てパリ。エディ・スリマンの心を動かした記憶を再現する香りたち。彼のあり方、彼の理想の世界が伝わってきます。



 ショーケースの中に並ぶ、革ケース付きのコームやシェーバーなどを見て、やはりこのブティックは身嗜みを整えるバスルームをコンセプトにしていると確認。



 迷いましたが、この日は一つに決めて、購入しました。それは心の底までロマンティシズムに浸れるような香り。仕事始めにレビューを書きますね。



 奥にはもう少しスペースがあり、エキゾティックでプリミティブなオブジェなども置かれています。



 高級バッグブランドに必ずある旅に持ち運ぶ為の香水専用ケース。こちらの5本収納出来るケースのお値段は5,000ユーロでした。いつの日か、執事付きの旅が出来るようになったら購入しようと思います(笑)。



 顧客カードに記入して、ブティックを後にしました。



 ホテルから空港まで。パリはサンルーフのタクシーが増えた気がします。



 深秋の旅の記録に、長い間お付き合い頂き、有り難うございました。



■ 関連ブログ ■

11月9日のこと グラースへ https://www.styleetparfum.com/blog/grasse2019

11月10日のこと 秋のカンヌ  https://www.styleetparfum.com/blog/cannes2019

11月11日のこと 雨のグラース https://www.styleetparfum.com/blog/grassepluvieux

11月12日のこと カンヌからアンティーブへ https://www.styleetparfum.com/blog/decannesaantibes

11月13日のこと3-1 グラースの国際香水博物館に日本の香水が収蔵されました https://www.styleetparfum.com/blog/museeinternationaldelaparfumerie-remisedeparfum

11月13日のこと3-2 ディアンヌさんとフランソワさんのご自宅へ https://www.styleetparfum.com/blog/dejeuner-dianesanetfrancoissan

11月13日のこと3-3 グラース旧市街の様子 https://www.styleetparfum.com/blog/aucentregrasse2019

11月14日のこと2-1 晩秋の花畑 https://www.styleetparfum.com/blog/leschampsdesfleursenlautomne

11月15日のこと2-1 スイスはヴィーガンLove? https://www.styleetparfum.com/blog/swissair-vegan

11月15日のこと2-2 エレクトラ パレス アテネ

https://www.styleetparfum.com/blog/electra-palace-athens 11月16日のこと2-1 ルカ・トゥリン - 匂いの帝王 https://www.styleetparfum.com/blog/luca-turin-tania-sanchez-perfumes-the-guide 11月16日のこと2-2 アテネを歩いたり、食べたり、飲んだり https://www.styleetparfum.com/blog/tourisme-athenes

11月17日のこと2-1 アテネからパリへ https://www.styleetparfum.com/blog/de-athenes-a-paris

11月17日のこと2-2 凱旋門とフリドラン大通り https://www.styleetparfum.com/blog/avenue-de-friedland

11月18日のこと2-1 パリで - 8区、4区、3区

https://www.styleetparfum.com/blog/paris-8-4-3

11月18日のこと2-2 フランソワ・エナン氏とJOVOY PARIS https://www.styleetparfum.com/blog/jovoy-paris

11月19日のこと2-1 ジャン=ミッシェル・デュリエ パリ https://www.styleetparfum.com/blog/jean-michel-duriez-paris

11月19日のこと2-2 「パフューマー」と「調香師」 https://www.styleetparfum.com/blog/parfumeur



200回の閲覧

©2019 by STYLE ET PARFUM All right reservrd.