• 地引 由美 Yumi JIBIKI

KO-GU コーグに遊びに行きました

更新日:4 日前

 KO-GU(コーグ)のショップに、香水好きな友人と一緒に行ってみました。新宿ルミネ1にあります。



生活の道具としての香り、でKO-GU=香具なのですね。



香水を特別なものでなく、毎日の生活にあるものにしたいという考えには大賛成です。



AIによる診断装置、KAORIUM カオリウムで、私の診断結果が導き出されていきます。



「最初の選択はランダムに提示される三つの香りから」という点には、NOSE SHOP のエスプリが感じられます。



香りと人との偶然の出会いの装置、ガチャのマシンがここにも。



現代的で好ましい香りばかりでしたので、私も小さいのを一つ購入してみました。



私の診断シートです。むむ、私らしいし、らしくなくもある(笑) この日はきっとウキウキと、とても楽しかったのでしょう。


さまざまなサイズのKO-GUの香りをいくつか揃えておけば、私だけの「日常に溶け込むシンプルで高品質な香り」をカスタマイズして纏う楽しさが手に入ります。

この診断は言葉のイメージによるところが大きいですね。2012年にニューヨークで行われた "The Art of Scent" で、キュレーターのチャンドラー・バール氏が「言葉なんてここにいらないんだ!香りを感じているのに、この壁一面に表示される文字なんて何の意味もないのに。」とかなりお冠だったことを思い出したりして。 この診断を受けた日の私は ブラックティの香りに「晴れやかさ」を イランイランの香りに「華やかさ」を

モスの香りに「品」を感じていたのかしら? 短時間で診断結果が手に入る賢い AI に身を任せてみるのも悪くないかも。新宿に出かける際にはお試しになると楽しいと思います。オフィシャルの情報はこちらからどうぞ。 https://noseshop.jp/pages/nsp-pf-mue-74



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示