©2019 by STYLE ET PARFUM All right reservrd.

 
検索
  • 地引 由美 Yumi JIBIKI

ストーリエ ヴェネツィアン

 前回のブログでご紹介したVALMONT(ヴァルモン)のフレグランス『ストーリエ・ヴェネツィアン』の限定コフレ『ジュエル セット』。


 

 内容はストーリエ・ヴェネツィアン デビュー1周年を記念したレザーボトルの ・ストーリエ・ヴェネツィアン パルファン 50mL ・ストーリエ・ヴェネツィアン パルファン 8.5mL ポータブルスプレー そして ・VALMONTアイクリーム「ヴォズュ」ギフトサイズ(15g) ・ムラノガラス製仮面モチーフアートピース ・JOTARO SAITOプロデューススカーフ 900㎜×900㎜ シルク100% がセットになっており、香りは全5種の中から選ぶことが出来ます。


 ストーリエ・ヴェネツィアン=ヴェネツィアの物語。ディディエ・ギヨン氏と妻、ソフィが愛する魅惑の街、ヴェネツィアの5つの物語を香りで表現しています。物語のムービーはこちらから。


 それぞれの香りの特徴は 1)ヴェルデ エルバ  フローラルグリーンノートです。舞台は、夜明けのポンティエーレ・サンエレナ地区。朝日を浴びて、生まれたての一日の新鮮な空気を感じる夜明け。奮い立つような自由な気持ち。バイカウツギ、パピルス、バニラアブソリュートで表現される春の花のブーケの香り。  トップノートから溢れ出るようなフローラル感は、軽やかではなく、太陽と土地からエネルギーをたっぷりと得たボリュームのある香り。時間の経過と共に清らかさが増していき、ムラノガラスの様な透明感のあるグリーンノートが現れます。緑の草の生き生きとした生命力をも感じるその香りに、幸福や多産を呼ぶ幸せな色として女性は緑色の服を好んで着たという、昔のイタリアの話を思い出します。明るく溌剌と過ごしたい日に纏いたい香りです。 2)アレキサンドライト  フローラルアルデハイドノート。ヴェネツィアビエンナーレの会場となるアルセナーレ地区は歴史を現代に具象化させる、どこよりも現代のバイブレーションを感じる場所。この香りは永遠に色褪せない香りのブーケ。ベルガモットのフレッシュ感に、クラシックな女性性を表現するジャスミンアブソリュート。アルデハイドは現代性を。光によって色ががわる宝石、アレキサンドライトをイメージしたカラーは透明感のある紫。  トップノートはラムネの瓶を鼻に近づけた時の様なノスタルジックな甘さのあるシトラスノート。ミネラル感や、甘酸っぱい感覚が続くうちに、アルデハイドの霧に包まれた芯のあるフローラルノートへと落ち着いていきます。伝統と革新を愛する女性におすすめです。



3)ロッソ 

 フローラルオリエンタルノート。サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ地区のイメージ。ヴェネツィアの宮殿での豪奢な生活。力と壮麗さに満たされてきたところ。過ぎ去った繁栄の追憶。ピリッとするピンクペッパー。繊細なダマスクローズと、力強いウード アブソリュートの邂逅。  とろける様なハニーローズ調の甘美な香りから、リッチでスモーキーなローズへ。もしここに赤い実のフルーツの香りを加えればフランスのブランドの香水の様なトーンになってしまいますが、あくまで荘厳な香りのトーン。まるで古代ローマの皇帝の赤いマントに包まれている様な、贅沢な香りです。 4)ガッジア メディオ

 アンバーノート。ドルソドゥーロ地区の入り組んだ狭い路地で、体は石に触れる。彼女のシルエットは石の迷路に溶け込むように見えなくなり、指先は優しく石の壁を撫で、彼女の官能は場の持つミネラルに満たされる。スパイシーなカルダモン、官能的なサンダルウッド、熱いアンバーのアロマに、彼女の肌は解き放たれる。  トップノートは水を湛えた水路の匂い。むせるようなギンヨウアカシアの花の香りの様なフローラルノートから、やがて重厚でアーシーな趣きに満ちてきます。男性にもよく似合う魅力的な香り。 5)ブルー コバルト(コバルトブルー) オリエンタルグルマンノート。バロック様式のサン・モイゼ教会が建つカンポ・サン・モイゼ地区は、最も純粋なバロック様式の豪華さとベネチアの素晴らしさが化身した地。敷石に落ちた上質なコバルトブルーの革の手袋に視線を奪われた女性は思わずそれを拾い、抗えない挑発を感じてその香りを嗅ぎ、パチュリエッセンス、カカオアブソリュート、オポポナクスの魅惑的な香りに酔いしれます。  砂糖水に浸した皮のような香りに好奇心は止まりません。90年代のイタリアブランドの香水の雰囲気も感じるアニマリックでアクアティックなグルマンノートなのに、上品。思わず纏いたくなる香りです。



 ストーリエ・ヴェネツィアンの全5種は、香りのハイジュエリーをコンセプトにした贅沢なパルファンです。どれもイタリアの歴史の様な密度を感じる優雅な香り。ムラノガラスのアートピースのカラーはディディエ・ギヨン氏が厳選した色は、今回VALMONTとコラボレーションしたJOTARO SAITOのオートクチュールの着物でもその世界観が表現されていて素晴らしいです。

 

26回の閲覧