• 地引 由美 Yumi JIBIKI

いつもどこでもお気に入りの香水を

最終更新: 4月3日

 新型コロナウィルスの感染者は増え続けています。現代に生きるほとんどの人が経験したことのないシチュエーションですが、基本的な生活には不自由していません。厳しい状況が続く中で、医療、物流、小売、生活インフラに関わる皆様には感謝するばかりです。そして教育、経済を止めない為に尽力されている方々のご苦労はいかばかりかと懸念でなりません。

 東京は現在も感染者が増え続けていて、人の移動が感染を広げる原因であることと、対面しての仕事やお打ち合わせの機会は減りテレワークで済むことから、4月中は主に東京の隣の県で過ごすことにしました。もし何かあった時、人口の多い東京の医療機関に少しでも負担をかけたくないので。


 で、どこで過ごすことになってもお気に入りの香水は手放せません。ルイ ヴィトンの ウール ダプサンス は、発売以来、毎日欠かさずに纏っている香りです。最初に購入したものは東京のサロンに。そして今、庭のある家にいる時のために2本目を購入し、ボトルには4文字まで好きなアルファベットか数字をエングレーヴィングして頂けるので、2 と彫って頂きました。


 香水は不要不急のものかもしれませんが、家に籠るときにも不可欠です。「オシャレのために、生活リズムのために、良い気分でいるために、香水は必要」と GQ FRANCE も書いています。


 コロナ鬱にならないように、良い香りを纏い、感じていましょうね。

 手と手ではなく心で繋がっていましょうね。


 今年のお花見は、こちらで。香水ボトルに『2』と入れていただく間、ハンドペインティングで美しく描かれた桜の花を眺めながら、たのしく過ごさせて頂きました。



 素敵なトランクを持って、また旅に出られる日が早く来ますように。




99回の閲覧

©2019 by STYLE ET PARFUM All right reservrd.