• 地引 由美 Yumi JIBIKI

リトリートラウンジ「UNBORN」(アンボーン)にて

更新日:2021年9月10日

 リトリートラウンジ「UNBORN」(アンボーン)にお誘い頂きました。


 

 洞窟のような階段を降りて行くとアートに囲まれて様々なデザインのチェアが置かれたクリエイティブラウンジの扉が開きます。



 メディテーションルームに通されると、ここからは一人だけの時間。



 目の前には繭の様な形のアイソレーションタンク。



 タンク内になみなみと満たされた濃い塩水に浮遊することで、体は重力から逃れることが出来ます。タンクの蓋は閉めても、閉めなくても。私は蓋を閉めると塩水の匂いが強すぎたので開けたままで。それでも、様々な色の光と、心地よいサウンドを全身に浴びながら深くリラックスできました。  初めての体験ですから最初はどこか緊張するのですが、慣れてくると意識も軽くなり感じたことのない自由な感覚に。時間を忘れてしまいますが、アナウンスが時間を教えてくれるので大丈夫。



 ラウンジの女性によると「アイソレーションタンクでのメディテーションを通じてUNBORN(胎児)の状態にまで戻り、生まれたばかりの赤ちゃんのような心を取り戻せます」とのことでしたが、精神的にも、そして肉体的にも生まれる前に戻ったようにまっさらになった気がして、その理由の一つにはアイソレーションタンクの中で無重力の時を過ごした後、出た瞬間に重力を感じたのです。それはもう、足がもつれるほど。この世に生まれ出たばかりの様な身体感覚を得て、体の中に不思議なエネルギーが湧いてきました。



 館内に並ぶ新進気鋭の現代アーティスト(井田幸昌、清川あさみ、WAKU、尾藤祐子)の作品の数々もここに来た人しか鑑賞できないもの。



 密な状態とは正反対の一人だけの空間で、深いリラックスとエネルギーを取り戻せるこの空間。体験は紹介制とのことです。興味をお持ちの方は私までご連絡くださいね。 公式サイト:http://unborn.jp

公式インスタグラム:@unborn_tokyo

閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示