• 地引 由美 Yumi JIBIKI

エレクトラ パレス アテネ

最終更新: 2019年12月15日

 「パレスじゃなくて、エレクトラ 『パラス』 だよ」。ニースからチューリッヒ経由でアテネに到着し、ホテルに向かうカナリヤ色のタクシーを運転するドライバーさんの言葉です。という訳で本文の中では、 ホテル エレクトラ パラス アテネ にします。ギリシャ神話にはエレクトラ、という女性は3人登場するようですね。虹の女神、イリスの母親である女性の名もエレクトラ。


 アテネの中心で翌日のアポの場所に近く、プラカ観光にも便利なところ、という条件で探してこのホテルにしました。シーズンオフのせいか、お値段もパリのホテルに比較すると、お手頃です。

 通されたお部屋には高さのあるベッドと、デスクとティーテーブル。


 バスルームのアメニティは、ギリシャ最古のホメオパシー薬局からスタートしたブランド、コレスで揃えられています。  翌日のレストランの場所を下見してから、近くで夕食を。


 そして翌朝。朝食付きのプランなので、8階のエレクトラ ルーフ ガーデンへ向かいます。エレベーターを降りると、明るくて活気があるダイニング。



 夜はバーになるカウンターでは、温かい飲み物が用意されています。


 外を見ると、ホテルのサイトに掲載されている通りの眺めが。



 もちろんお席はテラスに。アクロポリス神殿にはためくギリシャ国旗の横に、朝早くからもう観光客の姿が見て取れます。



 羽を休める鳩を見ていると、教会の鐘が鳴り出しました。



 朝食で頂いたもの。オリーブ、チーズ、スモークサーモン。この一皿には、コーヒーよりシャンパーニュの方が似合いますね。


 次の日の朝食で頂いたもの。パンもチーズもシャルキュトリーもたくさんの種類があり、卵料理のアレンジも豊富。たくさんのフレッシュフルーツの横にはコムハニー(巣蜜)。


 フルーツを選びに行って戻って来たら…可愛いパンケーキ泥棒が(笑)現行犯の証拠写真は取れなかったけれど、現場はこちら。半分にカットしたパンケーキが、手前の方からだいぶ啄まれてしまいました。



 彼の仕業です(笑)。お腹いっぱいになったかしら?


 ブドウはもちろん、キーウィフルーツもりんごも、果皮の薄いマンダリンオレンジも美味しくて嬉しくなります。



 エレクトラ パラス ホテルはハウスキーパーによるケアがしっかりしていて、朝食をとっている間にお部屋の清掃&ベッドメイクを素早く済ませておいてくれます。午後の外出中にもう一度お部屋を整え、翌日の朝食のルームサービスのご案内と一口チョコレートを置いてくれます。とても快適でした。


 フロントで道を聞いて、広いエントランスホールを出て街へと散歩に出かけました。



■ 関連ブログ ■ 11月9日のこと グラースへ https://www.styleetparfum.com/blog/grasse2019 11月10日のこと 秋のカンヌ  https://www.styleetparfum.com/blog/cannes2019 11月11日のこと 雨のグラース https://www.styleetparfum.com/blog/grassepluvieux 11月12日のこと カンヌからアンティーブへ https://www.styleetparfum.com/blog/decannesaantibes 11月13日のこと3-1 グラースの国際香水博物館に日本の香水が収蔵されました https://www.styleetparfum.com/blog/museeinternationaldelaparfumerie-remisedeparfum

11月13日のこと3-2 ディアンヌさんとフランソワさんのご自宅へ https://www.styleetparfum.com/blog/dejeuner-dianesanetfrancoissan

11月13日のこと3-3 グラース旧市街の様子 https://www.styleetparfum.com/blog/aucentregrasse2019

11月14日のこと2-1 晩秋の花畑 https://www.styleetparfum.com/blog/leschampsdesfleursenlautomne 11月15日のこと3-1 スイスはヴィーガンLove? https://www.styleetparfum.com/blog/swissair-vegan

0回の閲覧

©2019 by STYLE ET PARFUM All right reservrd.