• 地引 由美 Yumi JIBIKI

カリフォルニア・アーモンド

 今年1月に初めてカリフォルニア・アーモンド協会のプレスレビューに参加させて頂いてから、毎日の食生活にアーモンドを欠かさない様になりました。

 アーモンドの袋を見ていたら、美味しくて安全なアーモンドを消費者に届けるための努力と、実り豊かな作物を生育するために欠かせないパートナーとしてハチのことが書かれていました。



 この商品は、株式会社デルタインターナショナル焙煎職人 素焼きアーモンド 。風味豊かで、カリッとした歯触りが爽快です。カリフォルニア・アーモンド協会さまのサンプリングキットに入っていました。同じくキットに入っていたキャンポス農園のアーモンドのみを使用した『パンに塗るアーモンドスプレッド』は、夫がとても気に入っています。TOMIZの製菓用アーモンドは、パンケーキを焼くときに混ぜたり、炒ってサラダのトッピングにしたり。江崎グリコの『アーモンド効果』と、ポッカサッポロの『アーモンドミルク アーモンド ブリーズ』は、様々なフレーバーを楽しめる上に、暑くて食欲のない日にも手軽に美味しく頂けます。意外と低カロリーなのも嬉しいポイント。しっかりとしたトートバッグもプレゼントして頂きました。



 今回、7月の「カリフォルニア・アーモンド フェア」開催前のオンラインプレスレビューでも、カリフォルニア・アーモンド アンバサダーを務める人気モデルの福田萌子さんと、「The Burn」エグゼクティブ・シェフの米澤文雄さんの楽しいお話とクッキングデモンストレーションで、アーモンドについてたくさん学びました。    そして「カリフォルニア・アーモンド フェア」参加8店舗によるアーモンドを使った特別メニューのうち、青山学院の隣の PARLOR 8ablish の『マッシュルームとカリフォルニア・アーモンドのラグーパスタ』を頂いて来ました。グルテンフリーに変更して頂いたパスタとソイミートのラグーに、カリフォルニア アーモンドのコクが加わっていっそう美味しい。



 お料理に果実そのものの姿があると、自然の恵みへの感謝の気持ちが湧き上がります。一粒のアーモンドから、アーモンドに携わる人々のことを想像します。香水の取材で行く南フランスでもアーモンドの花を見かけますが、壮大なカリフォルニアの農園のアーモンドの開花期はどれほど見事なことでしょう。いつの日か訪れてみたいものです。  


 今、年齢的にはオーバーワークかしらと思うほど、バレエのレッスンに通っています。過度に激しい運動をすると活性酸素が体内に蓄積されて、いわゆる身体がサビる状態になりがちですが、それを打ち消してくれるのがアーモンドに豊富に含まれているビタミンE。アーモンドの自然の栄養成分を上手に美味しく取り入れて、これからも健康な日々を送りたいものです。



 レッスン後にすぐ干して乾燥させていても、日本の夏の湿度の高さはポワントの痛みを早めます。次は初めてのブランドのトウシューズを購入しようと、計画中です。

閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示