top of page
ブログ: Blog2
  • 執筆者の写真地引 由美 Yumi JIBIKI

1月3日の香水

ここ何年か三が日は同じ香りで過ごしてきましたが、今年の3日は昨年とは違う過ごし方なので、香りも変えてみました。昨年から大人向けのバレエクラスに定期的に通っています。美しい音楽に合わせて踊ることで心身を伸びやかに遊ばせることとが楽しく、合わせて体力作りにもなります。という訳で、今日は新春の特別レッスンに参加しました。今日のレッスンのテーマはバレエをお好きな方ならご存じ、スペインを舞台にしたドン・キホーテという演目の主人公『キトリのバリエーションを踊ろう!』でした。キトリは小粋な踊り子なので、扇子を持って踊ります。


年の最初にすることはきちんとしなきゃ、と思います。レッスンウェアも念入りに選んで、香りはどうしよう?明るく、清らかな香りで品のある香水。そして、自然の美しさを封じ込めたような香水がいい。そこでスタジオに向かう前に、シスレーのローレヴェ アルマ をボディにたっぷりとスプレーしました。清々しい心地よさに足取りも軽くなります。


『ローレヴェ アルマ』の香りのポイントは ウォーターアイリス 。アイリスはアヤメ科の植物で日本の菖蒲や杜若の仲間ですが、水辺ではなく乾いた土地で栽培されます。香料は花ではなく根から抽出されます。 植えてから7年経たないと香料にできない為に貴重でとても高価。 そのアイリスに、清らかな水辺の香りを添えた ウォーターアイリス のアコードは新春のエネルギーを取り込んだ様ですし、トップノートの『カルダモン』 は粋なアクセントになります。



世界中にある香水の中から、その日にぴったりの1本を選ぶ。この喜びは、何ものにも変えられません。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page