top of page
ブログ: Blog2
  • 執筆者の写真地引 由美 Yumi JIBIKI

小さく乾杯

3月の終わりに第五中足骨の骨折をして以来、左足首はシーネで固定していて、骨折慣れしているとはいえ、やはり生活は不自由。その間にイベントもあり、皆さまにたくさん助けていただきました。ありがとうございました。 連休明けのレントゲン撮影と診察の結果、ようやく固定から解放されて自由の身に。とはいえ、まだ5月中は「日常生活をスムーズに送れるようにすることを目標にしてください」との先生のお言葉でした。確かに、まだ僅かに痛みも残っているし、足底筋膜や足首周りの拘縮もあるので無理せずに過ごします。それでも、まずは固定が外れたことをお祝いしました。フランスの乾杯の時の言葉は、Santé(ソンテ)。「健康」という意味の女性名詞です。本当に健康、元気に優ることはないとしみじみ思う1ヶ月でした。


乾杯はシャルル - アンリ 代官山にて、香りの良いブリーと黒トリュフのミルフィーユと一緒に。お花いっぱいのお店の外観を見てグラースに咲き始めたセンティフォリアローズを思いつつも、入るのが少し気恥ずかしいような気もしました。店内も素敵なお嬢さまがたがたくさん。実は、香水のレビューを書くのにタルトタタンの香りを確認したかったのですが、りんごの季節でないのでなかなか見つからずに困っていたところこちらのメニューにあるのを知り、訪店したのでした。



ツヤツヤキラキラしたルックスに、フレッシュなりんごのベルトをしたおしゃれなタルトタタンが登場。



何層にも重ねられた驚くべき複雑な味わい。お隣の方が召し上がっていたキッシュもとても美味しそうでした。香りの良いお料理は必ず美味しいですね。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page